埋没法、それはスッキリした二重まぶたで魅惑の目もとを作る手術

MENU

二重をつくる

表情を決める条件

のっけからこんな話で恐縮ですが、「怖い顔」について。
よく、「顔は笑っているけれど目は笑っていない」というのが一番怖い顔だという言われ方をします。口もとは微笑み、頬は上がり、笑いジワっぽいものさえ見えているのに、目がどう見ても笑っていない顔。
笑顔で心を許していると見せかけ、腹に一物持っている顔という感じがします。

本当におかしくて、面白くて、楽しくて、心を許していて笑っているのに、不幸にして目もとにちょっと問題があって「目が笑っていない」と見られてしまう場合があります。
ちょっと重めの一重まぶたなどは、まさにその典型といえるでしょう。切れ長で涼やかな一重まぶたは魅力的に見られますが、まぶたが重く見える一重まぶたはマイナスイメージの原因になってしまいます。
場合によっては、「眠そう」「やる気がなさそう」「覇気がない」など、さんざんな評価の対象になってしまいます。
目もとが、表情を決定する重要な条件のひとつとなってしまうパターンです。

整形クリニックへ

けれど、そんな状況を変えることは出来ます。美容整形という方法を選択するのです。
具体的には、美容整形を手がけるクリニックへ行くこと。クリニックでは、埋没法をはじめとしたさまざまな方法によって、これを治療し、ぱっちり、くっきりした二重まぶたを作ってくれます。

すっと自然に仕上がった二重まぶたの目は、「カワイイ」「カッコイイ」という思いを相手の心からパッと引っ張りだしてくれます。
二重まぶたが、カワイイ顔とかカッコイイ顔、笑ったときにはその魅力が倍になる顔だと判断する条件となるのです。
クリニックへ行って埋没法の手術をしてもらうことは、人が本来持っている美しい笑顔を、ちゃんと出すことを可能にするものだと言えそうです。

  • 手術の内容

    ここでは、二重まぶたをつくる手術、埋没法の内容について紹介しましょう。「埋没」とは何なのか。どんな器具を使って行う手術なのか。ドクターはどんなふうにして、二重を作ってくれるのでしょうか?

  • 手頃な値段

    埋没法という手術は、美容クリニックで行われる施術の中でも特に「お手頃」な手術の代表的なものとなっています。費用のこと、所要時間、ダウンタイムの長さまで、さまざまなところに「お手頃感」はあります。

  • プチ整形

    埋没法をはじめ、美容クリニックでいわゆる「プチ整形」を行う人が増えています。「あと一歩、ちょっとした手を入れてくれれば絶世の美男美女になれるのに」という人に支持されているクリニックの取り組みです。